特定社会保険労務士 ・実務セミナー
                 ・合格予想問題集 
                 ・就業規則セミナー
               ・直前対策講座
特定社労士研究会

特定社会保険労務士の資格取得から実務支援までのトータルサポート 
   特定社会保険労務士とは      第4回本試験問題       解説サンプル       
      絶対暗記チェックシート      問題集申込用紙       第4回試験総評
実務セミナーDVD
        問題集案内      実務DVD内容説明      
ご購入者の声      
就業規則作成セミナー(DVD)     直前対策講座(DVD)
    実務指南書     パート労働法対策 規程セミナー    ご意見ご感想募集
特定社労士公開模擬試験      公開模擬試験解答例    研究会top
         
   

  特定社会保険労務士 実務セミナー(DVD版)

     あっせん代理実務家が明かす、誰も教えなかった本当の特定社労士業務のすべて―
     従来のビジネススタイルを変える。
     他の社労士事務所との差別化を図るための2ステップ上をいく業務展開の秘策、
     それが特定社労士業務。
     (もうライバル事務所は、始めているかもしれません。)

         800冊突破!
    圧倒的販売実績を誇る『特定社労士合格予想問題集』に続く第2弾!!

    特定社会保険労務士業務の受注から業務運営まで     

   特定社会保険労務士実践マニュアル
 (DVD版)

    ・セミナーDVDお申込書は→こちら

   「特定社労士ではやっていけない。そもそもどのように業務をおこなっていいか分からない」
   とお考えの方、労働法や労働判例を頭に叩き込んで、「あっせん申請書」が
   ばっちり書けるというスキルだけでそう考えていませんか?

   では、「相談を受けるスキル」、「相談を依頼に変えるスキル」、
       「あっせんを始める前の紛争解決スキル」、「あっせん交渉スキル」、
       「あっせんが打ち切りになったあとの紛争解決スキル」、
       「あっせん外での紛争解決スキル」、
       「労使紛争を未然防止するための企業コンサルのスキル」、

    これらのスキルを身につけてもまだ「特定社労士ではやっていけない」と思いますか?

    これらのスキルをすべて身に付けてはじめて「プロ特定社労士」といえるのです。
    そして、これら労働問題解決コンサル技術のすべてを身につけ、実務で活躍するための
    セミナーが特定社労士研究会の「特定社労士実務セミナー(DVD)」なのです。

   従来の社労士業務にプラスして活きた特定社労士業務を実現してみませんか?


     ・講義DVD3枚セット(画像収録時間約5時間40分)
     ・講義テキストと資料集セット

     DVDの詳しい内容はこちら       DVDお申込書はこちらからダウンロードもしくはメールフォーム


   「特定社労士実務指南書・入門編」も販売中 → こちら


       特定社労士新聞 3月号は こちら

       〔内容〕
    第1講 特定社会保険労務士の権限
     第2講 労働局でのあっせん手続の実務                             あっせん代理人 特定社労士
    第3講 労働民事法務・理論編
    第4講 労働民事法務・実践編
    第5講 特定社会保険労務士の実務

   〔資料集〕

    @ 代理人許可申請書〔サンプル〕
    A 委任状(代理権限証書)〔サンプル〕
    B あっせん申請書〔雛形〕
    C あっせん開始通知書〔サンプル〕
    D あっせん申請書1〔未払い残業代請求事件〕
    E あっせん申請書2〔退職金請求事件〕
    F あっせん申請書3〔パワハラ事件〕
    G 陳述書〔サンプル〕
    H 通告書(内容証明郵便)〔サンプル〕
    I 労働基準監督署への申告書〔サンプル〕
    J 簡易裁判所訴状〔雛形〕
    K 労働審判申立書〔未払い賃金・パワハラ事件〕
    L 労働審判傍聴許可申請書〔サンプル〕
    M〜O 労働相談宣伝書面〔サンプル〕
    P 労働相談事例集
      (解雇・残業・労働条件・派遣・パワハラなど43事例)               あっせん申請書
    Q 委任契約書〔サンプル〕


   多数のお申込ありがとうございます。

  「特にあっせんの交渉方法やあっせんが打切りになった場合の解決方法が参考になった」
  「世の中にこのような資料は、少ないと思います。テキストは簡潔にまとまり、資料は生々しく、
   とても興味が惹かれます。ありがとうございました。」
  「資格はとったもののどのようにすればよいかまったく分かりませんでしたが、DVDのおかげで
   かなり安心しました。私は経営者側でがんばってみたいと思います。」

   などその他多数のご感想・ご意見をいただきました。

   先生方のご活躍を心から応援します。   

   ※ 在庫に限りがございますので、お早めにお申込ください。

    特定社労士の実務知識は、今後の顧客開拓・職域拡大に必須です! 

       (・企業コンサルで顧問先の開拓 ・顧問先の紛争解決 ・労働者・経営者の代理人を目指す方のために)

   本セミナーは、あっせん代理を中心とした労働民事法務の実務体験から作成されたものですので、
  プロの特定社労士としての実践力と即戦力を身につけることができるように構成されています。

   今後、「規制改革・民間開放推進会議」の最終答申によりますと、社労士に簡易裁判所での
  労働事件に関する代理権を認めるかどうかの検討段階に入ろうとしています。

  「あっせん代理経験なくして、訴訟代理なし!」まずは実務知識の習得を!
                        
      
  

☆☆☆お申し込み方法☆☆☆
お申し込み受け付けは終了いたしました。現在、労働者側だけではない、使用者側
事例を含めた労働紛争解決業務 実践マニュアルを販売しております。




   

   <講師紹介> 
  村上 宏史(行政書士・特定社会保険労務士)   

   むらかみ社労士・行政書士事務所 所長
   特定社労士研究会 代表

  ・約500件の労働相談を受け、20件の労働民事法務に着手。

  福岡を中心に神奈川、熊本など他県でのあっせん代理業務も行う
  労働紛争解決のスペシャリスト。

  労働者救済と同時に、労働問題の未然防止提案で顧問開拓を行うスタイルを確立。
  経営者からも高い評価を得ている。

  未払い賃金請求事件、解雇予告手当請求事件、パワハラ事件、退職金請求事件、
  労働災害損害賠償請求事件、組合との団体交渉などを担当。

  ・弁護士を補佐して福岡地方裁判所での不当解雇事件についての答弁書(準備書面)の作成などを行う。

   労働民事法務以外には、

  ・法人設立・法人清算手続・居宅介護支援事業などの許認可申請
  ・弊会オリジナルの「最強の就業規則」作成
  ・『特定社労士試験合格予想問題集』(特定社労士研究会 編)の執筆
  ・紛争解決手続代理業務試験第4回までの解答・解説の執筆

  研修活動
   H19年 10月  福岡県社会保険労務士会 ADR研修 講師
   H20年  9月   熊本県社会保険労務士会 ADR研修 講師
   H20年  9月   全国社会保険労務士会連合会 九州地域協議会 ADR研修 講師
   H20年  11月  佐賀県社会保険労務士会 ADR研修 講師
   H20年  11月  福岡県社会保険労務士会 受験対策・ADR実務研修 講師
   H21年  3月   鹿児島県社会保険労務士会 ADR研修 講師
   H21年  春   大分県社会保険労務士会 ADR研修 講師(予定)

    などその他多数。

   九州最大手進学塾のトップクラスでの指導経験と豊富なセミナー講師経験により、
   実務に即したわかりやすい説明に定評がある。


  <講師紹介>  

   奥村 隆信(社会保険労務士)

   社会保険労務士おくむらおふぃす 
   特定社労士研究会会員

   2004年7月に初めて個別労働関係紛争に関するメール相談を受けて以来、
   今日に至るまで延べ約1000件近くの労働相談への回答を行う。

   未払い賃金事件、パワハラ事件などを担当。

   昨年(2006年)、労働局あっせん打ち切りとなった個別労働関係紛争を、
   依頼者をサポートして労働審判手続きにより解決に導く。

   主な業務は個別労働関係紛争解決業務(労働民事法務)を中心に事業展開中。

   依頼者の権利を最大限に救済するために、社労士権限の範囲でさまざまな法的手段を使って
   紛争解決を行う新進気鋭の「個別労働紛争解決コンサルタント」。

                                                    福岡労働局(合同庁舎)





  
Copyright © 特定社労士研究会 All rights reserved. Design by Torauma Seven             ⇒むらかみ事務所へ 戻る